SiRENより大切なお知らせ

平素より、SiRENを応援して頂き誠にありがとうございます。

突然ではありますが、12月13日に行われます

SiREN カヲル生誕主催公演
第6章-ほら、明日がやってくる-

を持ちましてGt.カヲルが一身上の都合により脱退致します事をここにご報告させていただきます。

突然のご報告となり大変申し訳ありません。

SiRENの今後は4人で活動を継続していきますので変わらぬご支援の程、よろしくお願い致します。

SiREN 一同

以下メンバーコメントとなります

—————————————————————

先ずは、突然この様な報告をしなければならない事に関して、皆様に謝らせて下さい。

この5人でSiRENを続けれなくて、本当にごめんなさい。

経緯は色々あったものの、実は5月くらいから決まっていた事です。
隠してたのも事実ですし、嘘をついたこともあります。(誰も脱退しないよね?の様な意見等)
その嘘に関しては、バンド単位で動いてる身として、「仕方ない」の一言で済ませる訳ではないのですが、どうぞ大目にみて頂けると幸いです。

さて、この脱退に関しまして、事細にお話しますと、とんでもなく長くなりますし、本来伝えなくていい事まで噛み砕いて説明しなければならくなってしまいます。
ですので、そこもどうにかご容赦いただけたらと存じます。

曖昧な表現や、そちら側で想像させる様な事ばかりの羅列になってしまいますが、今回は箇条書きでわかりやすくお伝えできればと存じます。

・仲違いではない
・方向性の違いではない
・本当は5人で活動していきたかった
・メチャクチャ仲が良い
・仕方なかった

この様な感じでしょうか。
特に、仲が良いのは嘘偽り無く真実ですし、現に僕が嫌いなら性格上ここで書いてしまうと思います。(前科アリ)
仲が睦まじ過ぎまして、逆に実感湧かないまであります。
同時に、今のところ不思議と、悲しくもなんともありません。
それが、”前から分かっていた事で覚悟ができていたから”なのか、はたまた、”ただ単に僕が単細胞過ぎて実感が湧いていない”だけなのかは判りませんが、兎にも角にも彼は僕にとって、バンドにとって”必要な存在”でした。
ですが、これからSiRENは、彼を”踏み台”にして、尚、精一杯の精進をしていかなければなりません。
それを彼も望んでいるはずです。

彼はそういう漢ですから。

ただ、いかんせん”カヲル”という踏み台が高すぎて、彼という残像が強すぎて、SiREN一同かなり苦労しそうでもあります。

カヲル君は、それを乗り越えていく僕等をニヤニヤと見守っといてくださいね?

12月13日まで、より色濃く君という熱い残像を、お客様に、SiRENに、そして、どうぞ僕の心に残して下さいませ!!!!

憂架

—————————————————————

急な発表になって本当にごめんなさい。

12月13日は僕の生誕主催であると同時に、
僕のバンド人生の一区切りの日になると思います。

やっと花が咲こうとしてたSiRENに、やっと僕を見つけてくれたみんなに、これからに期待しててくれた関係者の皆様、

本当に申し訳ありません。

話を切り出したのは僕で、それはもう5月くらいの話です。色々考えた結果です、理由はまた話せたらと思います。

今はただその日までの時間を大切にしたいです。

残り少ない時間ではありますが最後までよろしくお願いします。

カヲル

—————————————————————

応援してくれている皆さんごめんなさい。
今回こういう結果になってしまい残念ですが、バンドをやるという事は簡単な事じゃないと日々実感しているので、どうか誰も責めないで下さい。
自分がやる事は後にも先にも変わらないので、これからも全力で頑張っていきたいです。
カヲルさんお疲れ様。

結伊

—————————————————————

突然の報告でごめんなさい。

5人でのSiRENを応援してくれていたみんなには申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめんなさい。
12月13日で脱退になってしまいましたが一緒にバンドをやれた事が幸せです。最後までこの幸せを噛み締めてステージに立ちたいと思います。
仲違いでの脱退とかではないので今後バンドじゃなくとも何かしらで関わっていけたらいいなと思っています。
これからは4人になってしまいますが変わらず活動していくので今後ともSiRENをよろしくお願い致します。

さち

—————————————————————

突然の報告になってしまい申し訳ないです。

ただ、仲が悪くなったとか方向性の違いなんてものではないのです。
人にはそれぞれ理由があって今回こういった形になってしまいました。
関係は変わらず続いていくと思うしどこかでまた交わることがあるかもしれない。
そう願っています。
一言言わせてもらうと俺は彼の華のあるステージが大好きです。
これからもカヲルおよびSiRENのこと生暖かい目で見て応援してください。

たけのこさん